×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


抗酸化物質【小さなポケット】が気になる

抗酸化物質とは、その名の通り酸化を防ぐ事ができる栄養素です。
植物に含まれる抗酸化物質は近年、科学者の注目を集めています
抗酸化物質(こうさんかぶっしつ、antioxidant)とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を減弱もしくは除去する物質の総称
還元剤としてのビタミンC(アスコルビン酸、水溶性)、ビタミンE(トコフェノール、脂溶性)が重要だが、その他、β-カロテン、尿酸、ユビキノ−ル(ビタミンQ)も重要。
抗酸化物質には、生体由来の物質もあれば、食品あるいは工業原料の添加物として合成されたものもある。
運動は老化を遅らせるというのは周知のことですが、ところが運動は酸素の消費量を最大10倍にも上げることから、活性酸素の生産量も増大されてしまうことを懸念した専門家達は、特に老年者に、抗酸化栄養素を摂るよう勧めています。
 老年期に定期的に運動を行っている高齢者は、体内で生成された活性酸素を相殺するため、より多くの抗酸化ビタミンを摂取しなければならない、と指摘しています。


抗酸化物質【小さなポケット】について

抗酸化物質は、植物を通じて私たちの体に取り入れて機能してくれます
抗酸化物質が不足した状態では、活性酸素の攻撃に対して人体は無防備になってしまいます。
活性酸素の働きにより私たちの体内のたんぱく質、脂質、DNAなどを酸化させてしまいます。つまり、活性酸素をほったらかしにしておくと体に対して様々な悪影響を及ぼします。この抗酸化物質は活性酸素を除去する働きがあります。
体内で発生する活性酸素に電子を供給し、消去するのが、抗酸化物質。
活性酸素の発生部位として代表的なものにミトコンドリアおよび葉緑体があげられる。
細胞膜やDNAにとって幸いなのは、活性酸素の恐ろしい脅威を緩和する強力な防御設備が体には施されていることです。つまり、活性酸素を中性で良性の形に変換する抗酸化酵素というものが、体にはあるのです。食べ物から得られる抗酸化物質がそれらと結合して活性酸素を無力化してしまいます。
野菜や果物を、多く摂取し、抗酸化物質を摂取すると、心血管疾患(心筋梗塞等)の発症が、25%低下する。



その他の小さなポケットのメンバーラインアップ紹介



その他のサイトご紹介




抗酸化物質小さなポケットのリンク集のページ


抗酸化物質【小さなポケット】お問い合わせ